Article記事

首イボ治療に市販クリームは効果がない理由と治し方

首 ポツポツ 首イボ

首のポツポツ(首イボ)で悩む方へ

「首イボ」で検索すると、たくさん出てくるネット上の情報。


・ヨクイニンで首イボが取れる
・保湿には首イボをとる効果がある
・杏仁オイルで首イボが取れる
・ハトムギで首イボが取れる
・ドクダミエキスで首イボが取れる

とくに、「塗ると首イボが取れるクリーム・ジェル」の紹介記事がたくさんでてくるかと思います。
本当に上記のような方法や、クリームを塗るだけで、首イボが取れるのであれば、こんな素晴らしいことはないですよね!

でも

最初にハッキリ答えを書いてしまうと、

首イボは、クリームやジェルでは取れないです。

検索で出てくる情報の何が間違っているか?
なぜ、首イボが塗り薬で取れないのか?

を1つひとつ解説していきます。

*首イボには、”良性のできもの”と”ウイルス性のイボ”があり、このページで解説していく内容は、“良性のできもの”について話を進めていきます。

間違いその1:首イボの正体は古くなった角質のかたまり

さまざまなキュレーションサイトやブログで書かれている情報は大きく以下の通り。

・首イボは、固くなった角質が肌に残ってしまうという状態のもの
・首イボは、角質が固まって取れなくなっているもの。その原因としては、肌の乾燥や、潤いの不足、さらに蓄積された肌ダメージに老化、代謝力の低下です。

⇒いかにも、スキンケアで取れそうなものという書き方をしていますが、現実は全然違います。

あなたが気になる首イボが、

・脂漏性角化症
・アクロコルドン
・軟性線維腫

である場合は、良性の皮膚腫瘍です。

「良性の皮膚腫瘍」と書くと、なんだか怖いもののように感じますが、大丈夫です。

誰もが持っている“ホクロ”も「良性腫瘍」です。

普通に考えて、ホクロが塗り薬で取れる……とは考えにくいですよね。

ほくろがスキンケアで取れないのと同じように、イボもスキンケアでは取れません。

間違いその2:首にできたポツポツ(首イボ)に対する対策として最も重要な事は保湿

こちらも先ほどと同じ理論ですね。

「首イボ=古い角質」=保湿すれば古い角質は取れる。 という関係性で語られていますが、そもそもの「首イボ=古い角質」という話が大間違いです。

「首イボ≠古い角質」です。

むしろ、

「首イボ=良性の皮膚腫瘍」

ですから、古い角質を取る=保湿が大事という理論は合っていたとしても、このサイトをお読みになっている皆さんが取りたいのは、角質ではなく、首イボです。

首イボは保湿では取れないので注意が必要です。

市販治療薬が効かない理由

それぞれの理由についてお伝えできればとお思います。

ヨクイニンでは首イボが取れない訳

ヨクイニンは漢方薬としてもおなじみの成分で、ウイルス性のイボには有効です。

『ヨクイニン』という成分が、イボの硬い膜に浸透しやすく取りやすくなるということがわかったと書いてあるサイトもあったのですが、このような根拠は医学的にはありません。

たとえ、民間療法的に効果が見られたとしても、取れるのはあくまで「ウイルス性のイボ」。ちなみに、10年近く、現在では月に16,000イボ程取っている私の経験値では、首に居あるイボでウイルス性と診察した患者さんは全体の約2%です。

残り98%である、あなたが取れて欲しいイボは「良性の皮膚腫瘍であるイボ」の可能性が高いので、取れません。

ハトムギでは首イボが取れない訳

首 ポツポツ 首イボ

私達の生活で、一番馴染みがある「ハトムギ」の利用方法はお茶。

それ以外にも、最近ではシリアルなどでも見かけるようになりましたよね。

ハトムギ自体には、アミノ酸、ビタミンB1、B2、鉄、カルシウム、食物繊維などがあり、積極的にとっていくのにおすすめな食品で、確かにビタミンB群は肌をきれいに保つのに必要なビタミンです。

でも、美肌効果と首イボが取れることに関係はありません。ご注意ください。

杏仁オイルでは首イボが取れない訳

首 ポツポツ 首イボ

杏仁オイルの肌への効果は、含まれている脂肪酸の種類によるものです。

酸化しにくいオイルなので、スキンケアオイルとしては刺激もなく良い成分だと思います。

杏仁オイルで首イボが取れると発信しているサイトでは

「肌の老化 ⇒ 古い角質層が固まる ⇒ 首イボになる ⇒ 杏仁オイルは保湿性が良く固くなった角質層を取り除く」

というような流れで話で進んでいきますが、

「肌の老化 ⇒ 古い角質層が固まる ≠ 首イボになる」

です。

何度も言いますが、角質層が首イボになることはありません!

ですから、杏仁オイルを塗ることで首イボが取れることもないのです。

ドクダミエキスでは首イボが取れない訳

首 ポツポツ 首イボ

ドクダミは、薬効も多彩で、その効能の広さから別名「十薬」(10種類の薬効がある薬)と呼ばれています。

日本薬局方には「ジュウヤク」という名称で、便通薬あるいは慢性皮膚疾患に利尿、消炎薬として煎じて使用すると記載されています。

慢性皮膚疾患にも効果がある…というのは、湿疹などの皮膚炎や炎症を起こしているときに効果があることが経験上知られているということですが、炎症を抑えても……首イボは取れません。

さて、一般的に首イボに効果があるという成分を医学的な根拠を考えながら検討してきましたが、やはり、首イボが本当に取れるとうたわれている成分

・ヨクイニン
・ハトムギ
・杏仁オイル
・ドクダミ

には、「皮膚の良性腫瘍」である首イボが取れる根拠はないと言えます。

では、本当に首イボを取ることができる成分は全くないか……というと、現在日本で手に入るクリームなどでは「取れるものはない」と断言できます

医師が使うことのできる薬においては、イボを取ることができる可能性を秘めている成分がありますが、その成分は、非常に肌に刺激が強くて、コントロールの難しいものです。

皮膚科専門医である私も、実際に使うのを躊躇する成分……でもいつの日か、こういった成分が安全に誰でも使えるようになり、首イボがクリームで取れる時代がくるといいなと思っています。

首イボ治療方法のオススメは「mikoメソッド」

今回ご説明した首イボが良性腫瘍の場合は、首イボが一回の治療で取れる「mikoメソッド」がおすすめです。

mikoソッドでの首イボ治療例

mikoメソッドでの治療例 40代女性
首 ポツポツ 首イボ

30代男性
首 ポツポツ 首イボ

70代女性
首 ポツポツ 首イボ

mikoメソッドの口コミ

予約システムのcoubicさんで100件以上の口コミをいただいているので、ぜひご覧いただけると嬉しいです。
mikoメソッドの口コミ

その他の治療方法については、「首イボとは?原因から治療方法まで医師が解説」の記事で全てまとまっているので、ご覧ください。

今回は、良性の皮膚腫瘍であるイボのお話をしましたが、ウイルス性のイボの場合はヨクイニンの効果がある場合もあります。

詳細は、「ヨクイニン(ハトムギエキス)で首イボが取れない?医学的根拠とは」の記事も参考にしてみてくださいね。

また、mikoメソッドについての詳細や予約方法については、「首のぽつぽつを除去!mikoメソッドとは」で。

mikoメソッドの予約方法については下記をご覧ください。
首のぽつぽつを除去!mikoメソッドとは
mikoメソッド

記事

記事一覧

mikoメソッド

miko メソッド
;